耐震評定業務

耐震評定業務手数料

Ⅰ 基準手数料

通常の評定業務の手数料(以下「基準手数料」という。)は、下表による。この表に記載されていない工作物、特定天井、特殊な構造の建築物等の手数料は、別途見積による。

延面積 (㎡) 評定の
種類
(1) (2) (3) (4) (5)
RC造,壁式RC造で2次診断 RC造,壁式RC造で
3次診断,S造,CB造
,SRC造,体育館,
混構造(注2,注3)
木造在来構法
(精密診断法2に
よるもの)
(注4)
構造図の復元
(追加金額,木造
は追加金額不要)
(注5)
(低強度CON以外)
(注1)
(低強度CON)
(注1)
金額 金額 金額 金額 金額
 A<500    診断  150,000  150,000  210,000  240,000  45,000
 改修  150,000  210,000  210,000  240,000  15,000
 総合  240,000  290,000  340,000  380,000  48,000
 500 ≦A< 1,000    診断  180,000  180,000  250,000  290,000  54,000
 改修  180,000  250,000  250,000  290,000  18,000
 総合 290,000  340,000  400,000  460,000  58,000
1,000≦A<1,500   診断  210,000  210,000  290,000  340,000 63,000
 改修  210,000  290,000  290,000  340,000  21,000
 総合  340,000  400,000  460,000  540,000  67,000
 1,500≦A<2,000   診断  230,000  230,000  320,000  370,000  69,000
 改修  230,000  320,000  320,000  370,000  23,000
 総合  370,000  440,000  510,000  590,000  74,000
 2,000≦A<2,500   診断  250,000  250,000  350,000  400,000  75,000
 改修  250,000  350,000  350,000  400,000  25,000
 総合  400,000  480,000  560,000  640,000  80,000
 2,500≦A<3,000   診断  270,000  270,000  380,000  430,000  81,000
 改修  270,000  380,000  380,000  430,000  27,000
 総合  430,000  520,000  610,000  690,000  86,000
 3,000≦A<5,000   診断  300,000  300,000  420,000  480,000  90,000
 改修  300,000  420,000  420,000  480,000  30,000
 総合  480,000  580,000  670,000  770,000  96,000
 5,000≦A<10,000  診断  360,000  360,000  500,000  580,000  108,000
 改修  360,000  500,000  500,000  580,000  36,000
 総合  580,000  690,000  800,000  930,000  115,000
 10,000≦A<20,000  診断  400,000  400,000  560,000  640,000  120,000
 改修  400,000  560,000  560,000  640,000  40,000
 総合  640,000  770,000  900,000  1,020,000  128,000
 20,000≦A<50,000  診断  530,000  530,000  740,000  850,000  159,000
 改修  530,000  740,000  740,000  850,000  53,000
 総合  850,000  1,020,000  1,180,000  1,360,000  170,000

 (注1)「低強度CON」とは、推定強度13.5N/mm2未満の階が、含まれているものをいう。

(注2)「RC造3次診断」とは、一部の階を3次診断で評価している場合を含む。なお、この場合は「低強度CON」が含まれているものも、手数料は同額とする。

(注3)「混構造」には、一部分が混構造となっているものを含む。

(注4)「木造在来工法(精密診断法2によるもの)」とは、保有水平耐力計算によるものとする。

(注5)「構造図の復元」の評定は、耐震診断の評定に含めて実施する。(図面復元を独立した評定とするのではなく、手数料のみを追加する。なお、木造は、構造図復元のための手数料の追加は不要とする。)

(税別 単位:円)

 

Ⅱ 特殊な場合の手数料

1 評定委員会における審議が2回で結審しない場合は、1回ごとに当初の「基準手数料」の1/2を追加する。

2 設計変更等による再評定の場合は、基準手数料の半額とする。ただし、変更が大規模で、変更後の建築物等が新規物件同様のものとみなされる場合は、基準評定手数料と同額とする。

3 評定書等の再発行手数料は、10,000円とする。

(税別 単位:円)

  • 建築確認検査
  • 構造計算適合判定
  • 適合証明
  • 住宅性能評価
  • 化学物質測定
  • 長期優良住宅
  • 低炭素建築物
  • 耐震評定業務
  • 木造住宅耐震診断等評価業務
  • 省エネ適判
  • 住宅性能証明書(贈与税非課税措置)
  • 住宅証明書(住まい給付金)
  • BELS
  • 建築物省エネ法関係(30条・36条)

TOPへ
戻る